当日すぐにキャッシングでお金を借りたい会社員やOLに人気のキャッシング会社を比較して紹介しています。

当日キャッシング@借りやすいキャッシング会社比較はコチラ

ヤミ金・街金のキャッシング金利とは

闇金の返済に困る男性

テレビCMなどでもよく耳にする大手消費者金融は高金利と言われます。

その消費者金融をヤミ金や街金と同じと思っている人もいます。

ですが、消費者金融とヤミ金・街金はまったくの別物で、よくテレビドラマであるような法外な金利を取り立てられるというのは、まさにヤミ金や街金、もしくはサラ金と呼ばれる類の悪徳金融なのです。

よく、「ヤミ金や街金でもしっかり返済すれば問題ないのでは?」と思うかもしれません。

ですが、ヤミ金や街金の法外なキャッシング金利というのは、本当にとんでもない金利なのです。


では、ヤミ金・街金のキャッシング金利はどれくらいなのか、というと、よく言われるのがトイチです。

トイチとは10日で1割の金利がかかるということになります。

実際消費者金融の金利は年利で表記されているため、どれくらいの違いがあるのかすぐにはわからないかと思います。

高いと言われる消費者金融の金利は年利18.0%、一方でトイチは年率に直すと、実に年利365%もの暴利になってしまうのです。

分かりやすく利息に換算すると、消費者金融の18.0%だと30日で1,479円、一方のトイチは利息が3万円にもなるのです。

正確にはトイチ(10日で1割)ですので、10日で1万円の利息になります。

そしてこういった悪徳金融は複利となっているので、利息も返済せずにいると、20日目は11万円に対する利息になり次の利息は11,000円で借金総額は121,000円となります。

これを仮に返済しないまま1年間放置していると、なんと324万5,831円にも膨れ上がってしまうのです。

最近はトイチどころかトサン、トゴなどというさらに暴利をふっかけてくる悪徳金融もあるようです。

トゴは年利換算すると1,825%でそれが複利となった場合、10万円を1年間放置していると実に3,276億2,466万1,361というとんでもない額になってしまいます。